指 導 者 の 紹 介

顔にポインタを合わせて下さい。


 

池田 憲夫 七段
アマチュア無線2級 珠算1級
大阪外国語大学外国語学部二部イスパニア語学科合氣道専攻。クラブの稽古と並行して、大阪本部武育会、武道センターでも稽古をする。武育会では、故小林裕和師範、熊谷研二先生(現、日高道場・和歌山大学合氣道部師範)、故中里有宏先生(早稲田大学合氣道同好会出身)の御指導を受ける。稽古仲間には、木村二郎さん(現、大阪武育会会長)がおられます。卒業後、OBとして稽古を継続し、昭和61年、小林師範より母校の指導員として派遣される。平成7年、師範の御了解のもと独立し、同時に御推薦により、(公財)合気会から正式に認可を受けました。小林師範の、柔らかく、動きの速い、力強く華麗なる姿勢の良い合氣道を心の片隅に憶えて稽古をしています。道主 植芝 守央 先生の温かい人柄が偲ばれる合氣道を教科書にして、日々研鑽会中です。稽古仲間に恵まれています。人は、生き仏と言っています。平成8年六段と平成20年七段と、道主 植芝守央 先生の御推挙により、代表で証状を直接戴く栄誉に浴しました。

越前 善次 六段

大阪大学外国語学部合氣道部北関東支部顧問 南関東支部顧問

大阪外国語大学合氣道部O.B。他人にも厳しいが、それ以上に自分に厳しい。が、本当は優しい人です。毎年3回の合宿には公私ともに多忙にもかかわらず参加。現役生以上に合氣道に情熱的で、スタミナは満点と言うよりも驚異ですらあります。努力家です。現役生には尊敬の眼差しで見られています。後受身の指導は抜群。五段昇段の記念演武は感動を与えてくれました。現在、高崎市に住まい、稽古を継続しています。

POPESCU FLORIN 六段

ルーマニア人。自分にとって、合気道は心身の健康法です。また、日本人にはどうか分かりませんが、現在のルーマニア人には合気道が必要であると思います。いつかルーマニアに帰って本物の合気道をルーマニア人に教えるつもりですが、自分の中の本物を強くするために一日でも多く日本で稽古したいです。(事情と都合により、平成19年4月帰国しました。母国でも合氣道道場「まなぶ道場」を開設・指導をしています。)

太田 吉彦 五段

大阪外国語大学合氣道部OB会副会長

その人の人間性が如実に現れ、何歳になっても自らの成長を感じられる合氣道に魅力を感じております。

戸倉 光明 五段

大阪外国語大学合氣道部OB会長

学生時代から稽古をしてたから、いまも続いているのだけではありません。稽古への心構えが今も一緒でありますから、続けられてます。道場での稽古は ”ぼちぼち”と、しています。合氣道へは年配になってから入会して、稽古に参加されておられる方が大勢おられます。お孫さんに、有段者としての袴姿を見せたいからと、定年頃に実現された方もおられます。お子達へも、武道としてお薦めします。子供は、身体の重要部分を保護する為の、受身を身につけるべきです。サッカーをしていても、バレーボールをしていても回転しながら受身をとることが出来ると、大けがになりにくいです。一度、稽古を見学にお越しください。

安藤 信雄 四段

精神を鍛えるために某所で寒中水泳に励んでおりますが、ようやく精神鍛錬には私には効果が無いことを悟りました。やはり合気道で身も心も鍛えようと思います。

好きなものは外国のスパイス、趣味はカレー作り、欠点は作ったカレーがまずいこと。合気道でお腹の脂肪と格闘中です。

森田 孝則 参段

豊中市の広報を見たのがきっかけで和氣会に入会しました。気付けば22年が過ぎましたが、足の位置や間合いなど未だに分からない事がだらけです。多く方々のご指導を受けながら、これからも稽古を続けていきたいと思います。

植田 能茂 参段

25年間のブランクの後、稽古を再開。

30年ぶりの審査で弐段になりました。

(本当に稽古熱心です。ほとんど欠席がありません。頭が下がります。

非常にパワフルです。注 サイト責任者)

野村 辰宏 参段

愛知県在住です。

関東から九州まで、出張以上に

各地を飛び回っています。

山田 参段

 

保井 恒夫 弐段

団塊世代の星です

50歳をすぎて合氣道を始めました。合氣道は歳を取っても続けられます。高齢者の方も、一度見学にお越しください。ご一緒に、楽しく汗をかきましょう。

太田 周志 弐段

皆さまと共に楽しく元気に日々稽古させていただいています。

合氣道の稽古では、自分の気持ちをいかに技に伝えていくかが難しいのですがそれを探求するのが非常に面白いです。

また、稽古をすると、心も体も元気になり、私生活まで生き生きしてくるところも合氣道の魅力の一つだと思います。

牧野 和彦 四段

 阪外大和氣會関東支部稽古会幹事。

恥ずかしい話ですが、小学生の時に買った書籍「大きい奴を倒す合気道(ワニの豆本)」が自分にとっての合気道の原点です。 
平成元年に大阪外国語大学合気道部に入部し、イメージ通りだった技の世界に魅了されてから早くも数十年。今日まで稽古を継続できているのは、良師、稽古仲間に恵まれたおかげだと思っています。現在は東京都武蔵野市在住。日々研鑽中です。

山口  弐段

合氣道は、体を使った会話のようなものだと最近思うようになりました。子供から大人まで、相手をしてもらう人や、自分の状態によって

本当にさまざまな内容になり、それが楽しいです。実際の成長の度合いは別として、何歳になっても、自分の体、動き、気持ちの持ち方に向上の余地があると感じられることは、ありがたいことです。まだまだ道半ば、ひと稽古、最低ひと気づきを目標に、これからも「愉快」に、稽古を続けていければと思っています。

植田 健太郎  弐段

大学から合氣道をはじめました。現在は週末に稽古し、週明けは筋肉痛と共に出社しています。苗字で呼ばれると和氣會には「植田」が3人いるので、3人が振り返っている様をこっそり楽しんでいます。

稽古では自他ともに強くなれるよう試行錯誤しながら、怪我しないを第一に取り組んでおります。